糖尿病予防に献血を 県赤十字血液センター諏訪

糖尿病予防に献血を 県赤十字血液センター諏訪

(2009/3/24、長野日報)

県赤十字血液センター諏訪出張所(諏訪市清水三)は、健康管理の一助として献血者全員に、糖尿病関連の検査(グリコアルブミン検査)を始めた。

生活習慣や社会環境に伴って急速に増加している糖尿病予防に役立ててもらう。

<中略>

現在、日本の糖尿病患者は予備軍を含めると2,200万人余といわれ、初期段階では自覚症状がない場合が多いため、気づかずに放置されていることがある。

こうした状況を踏まえ、糖尿病関連の検査を検討してきた。

血液中のグリコアルブミンは、その量を調べることで約2週間の平均血糖値を反映しているといわれる。

献血してもらった方たちのためのサービスの一環として、糖尿病関連の検査を行うようになってきています。

糖尿病予防のためにも、ぜひ活用しましょう。

【関連リンク】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。