糖尿病の一種 ピロリ菌除去で完治に成功 B型インスリン抵抗症 東北大

糖尿病の一種 完治に成功 ピロリ菌除去で 東北大

(2009/7/18、河北新報)

東北大大学院医学系研究科の片桐秀樹教授(代謝学)と岡芳知教授(糖尿病代謝学)らの研究グループは17日、ピロリ菌の除去によって、糖尿病の一種「B型インスリン抵抗症」の完治に成功したと発表した。

片桐教授は「現時点で成功は1人だけだが、根治療法としてほかの患者にも適用できる可能性がある」としている。

糖尿病の一種である「B型インスリン抵抗症」の完治に成功したそうです。

B型インスリン抵抗症にはピロリ菌感染が関与している可能性があるそうで、今後、この治療法をさらに研究していく必要がありそうです。

■B型インスリン抵抗症とは

B型インスリン抵抗症は、高血糖と低血糖を繰り返す病気。

受容体と結合することで血糖値を下げるインスリンが、受容体と結合できずに発症する。

受容体にインスリンに対する抗体ができるのが原因。

受容体の抗体が消えるなどしてインスリンが急激に作用し、急に冷や汗や体の震えなど激しい低血糖発作を数日の周期で起こす。

【関連リンク】

若い喫煙者 糖尿病・生活習慣病リスク大 青森保健大教授が調査

young man with his Cigarette

Originally uploaded by Svarta is missing the Paris

若い喫煙者 生活習慣病リスク大 青森保健大教授が調査

(2009/7/3、河北新報)

若い喫煙者は同年代の非喫煙者よりも生活習慣病を防ぐとされるホルモン「アディポネクチン」の血中濃度が低く、糖尿病の指標となるグリコヘモグロビン(HbA1c)の血中濃度は高いという研究結果を、青森県立保健大の渡部一郎教授(リハビリテーション医学)らがまとめた。

若い喫煙者は、生活習慣病糖尿病になるリスクが高いということですね。

アディポネクチン濃度が低い人は体重、腹囲、体脂肪率、体格指数(BMI)が高い値を示す一方、動脈硬化を防ぐとされる「善玉コレステロール」、がん細胞を攻撃するとされるナチュラルキラー(NK)細胞活性の数値は低かった。

また、アディポネクチン濃度が低い人は、肥満になりやすい傾向にあり、動脈硬化を防ぐとされる善玉コレステロールの数値も低かったそうです。

若いうちからの禁煙に取り組んでいく必要がありそうです。

【関連リンク】