コーヒーで糖尿病を抑制

コーヒーで糖尿病を抑制(2008/10/30、知財情報局)

コーヒーの摂取が、糖尿病の発症抑制や高血糖改善につながるかもしれないとの研究結果を、名古屋大大学院生命農学研究科の堀尾文彦教授が糖尿病モデルマウスを使った実験で明らかにした。

今回の研究結果によると、コーヒーの摂取が糖尿病抑制につながる可能性があるようです。

今後の研究に期待したいですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

温州みかん成分「β-クリプトキサンチン」に糖尿病改善効果

アークレイ、温州みかん成分「β-クリプトキサンチン」の肥満・糖尿病改善効果を実証(2008/10/28、日経プレスリリース)

プレスリリースによると、温州みかんの成分である 「β(ベータ)-クリプトキサンチン」に肥満・糖尿病の改善効果があることを実証したそうです。

このことは、日本肥満学会で発表されるそうです。

みかんで肥満・糖尿病・メタボリック予防ができればうれしいですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

英国の糖尿病患者、急増 250万人に!

糖尿病患者、急増――ついに250万人に! (2008/10/20、インターネットジャーニー)

英国における糖尿病患者の数が前年より16万7,000人増え、250万人に達したことが19日、明らかになった。この患者の増加率は一昨年から前年にかけての数値の2倍以上であるという。

英国でも糖尿病になる患者の数が増加しているそうです。

世界的に糖尿病は問題となっています。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

シンポジウム:若者にも多い1型糖尿病 来月1、2日にウィルあいちで 【愛知】

シンポジウム:若者にも多い1型糖尿病 来月1、2日にウィルあいちで /愛知(2008/10/24、毎日新聞)

日本糖尿病協会は11月1、2日、若者にも多い1型糖尿病の患者などを対象としたシンポジウム「全国ヤングDMカンファレンスin名古屋」をウィルあいち(名古屋市東区)で開く。

2型糖尿病は、生活習慣が原因の一つと考えられていますが、1型糖尿病は生活習慣とは無関係にすべての年齢層で発症するそうです。

今回のようなシンポジウムでその1型糖尿病に対する社会の理解が進むといいですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

糖尿病治療開発に向け、ニュージーランドでブタの細胞人体移植実験を許可

NZでブタの細胞人体移植実験を許可、糖尿病治療開発に向け(2008/10/22、AFPBB)

ニュージーランド政府は21日、ブタの細胞を人体へ移植する臨床実験を認可した。糖尿病の画期的な治療法に道を開くものとして期待される。

記事によると、1型糖尿病の治療でインシュリンの分泌を促進するため、ブタのすい臓から採取した細胞を移植していく治療を行なっていくとのことでした。

しかし、この技術は議論を呼んでいます。

だが、この技術は糖尿病患者に大きな恩恵をもたらす可能性がある一方で、ブタのウイルスが人体で広がって感染症を引き起こす恐れもあるため、激しい議論を呼んでいる。

この技術によって、インシュリン注射の必要量が減少したり、血糖値が正常値を保つことができるようになる一方で、現在のところウイルスによる感染症を引き起こす恐れがあるのではないかという問題点について解消できていないため、この技術が一般的に利用されるようにするには、安全な技術なのかどうかを研究し、安全性を証明する必要がありそうです。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

ピ、番組で涙「糖尿病の治療費払えず亡くなった母」

ピ、番組で涙「治療費払えず亡くなった母…」 (2008/10/23、中央日報)

ピは世を去った母親を回想し「糖尿病はお金さえあれば治せる病気だ。母親が亡くなった後、世の中と戦った」と告白した。「母は闘病中でも、子どもにご飯を食べさせるために腫れた体で働いていた」「インシュリンを買うお金がなく、きちんとした治療を一度も受けられないまま亡くなった」と語り、ピは結局、こらえていた涙を流した。

歌手ピ(Rain)さんが、糖尿病の治療費が払えず亡くなった母親のことを番組で語ったそうです。

糖尿病の治療が、治療費を払うのが難しい人にでも受けられるような医療体制・薬の価格体系になってほしいですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

糖尿病合併症を再現 富山大グループがモデルマウス開発

糖尿病合併症を再現 富山大グループがモデルマウス開発(2008/10/24、富山新聞)

富大大学院医学薬学研究部(医学)の加藤一郎准教授(生化学)と笹原正清教授(病態病理学)、戸邊一之教授(第一内科学)らの研究グループは二十三日までに、世界的に開発が困難とされた糖尿病合併症のモデル動物の開発に成功した。ほぼ100%の確率でヒトに近い糖尿病性腎症(じんしょう)や網膜症を発症することから、予防、治療の研究推進に有効である。東北大と共同で特許を申請、来年にも認可の見通しで、糖尿病合併症の根本治療確立へ成果が期待される。

糖尿病性腎症や糖尿病性網膜症などの糖尿病の合併症のモデルマウスの開発に成功したそうです。

このことにより、糖尿病の合併症の予防・治療の研究が進みそうですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)