糖尿病の治療薬が肺がんを抑制、マウスの実験で証明 米研究

糖尿病の治療薬が肺がんを抑制、マウスの実験で証明 米研究

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

糖尿病の治療薬が肺がんを抑制、マウスの実験で証明 米研究

(2010/9/2、AFPBB)

マウスの実験で、代表的な糖尿病治療薬であるメトホルミンがタバコに起因した肺の腫瘍(しゅよう)を大幅に縮小させたとする論文が1日の医学誌「Cancer Prevention Research(がん予防研究)」に発表された。

糖尿病の治療薬であるメトホルミンが肺がんを抑制するという論文が発表されたそうです。

肺がんの予防・治療に活用できるかどうか検討されるようになるかもしれません。

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

糖尿病とがんとの関連性

糖尿病とがんとの関連性に関する記事を見つけましたので、ご紹介します。

続・糖尿病50話:第24話 がんとの関連性(2008/9/2、毎日新聞)

一方で、糖尿病の方は、そうでない方よりもがんになるリスクが高いと言われています。糖尿病の男性のほうが女性よりもややリスクは高く、男性では大腸がん、すい臓がん、また、最近の研究では肺がん、肝臓がん、腎臓がんなど、女性では、胃がん、肝臓がんなどのリスクが高くなると言われています。
糖尿病の方では、インスリンの効きにくい状態(インスリン抵抗性)があって、血液中のインスリンの量が多くなる場合があります。インスリンには細胞の増殖を促す作用があるため、多くなったインスリンががんの発生、成長を促しているという可能性があります。
また、内臓脂肪蓄積などの因子ががんの発生、糖尿病の発病の共通した原因になっているとする考え方もあり、糖尿病とがんの合併が多い理由についてはまだ解明されていません。
喫煙、肥満、運動不足などの多くの生活習慣病に共通の危険因子を改善していくことががんの予防にも重要と考えられます。

記事によると、糖尿病になると大腸がんすい臓がん、肺がん、肝臓がん腎臓がん、胃がんなどのリスクが高くなるといわれているそうです。

しかし、まだ、糖尿病とがんの合併が多い理由は解明されておらず、日頃からの食生活の改善や運動による肥満予防、禁煙などによって予防していくより他はないようです。

また、糖尿病の患者の方も、がんの早期発見のためにも、定期的に健康診断(定期健康診断)を受ける必要がありそうです。

にほんブ��グ村 病気ブ��グへ

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)