糖尿病新薬、製薬会社開発急ぐ、高齢化で患者増える

糖尿病新薬、製薬会社開発急ぐ、高齢化で患者増える

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

糖尿病新薬、開発急ぐ 製薬各社、高齢化で患者増える

(2010/2/28、日経ネット)

中外製薬など製薬各社が日本で新型の糖尿病治療薬の開発を急いでいる。

高齢化や食生活の変化、ストレスの増加などを背景に患者数が増えており、治療薬の市場規模も今後10年ほどで現在の5割増になる見通しだ。

糖尿病の患者数が増えていることにより、製薬会社が新型の糖尿病治療薬の開発を行なっているようです。

でもまずは、糖尿病にならないように生活習慣を見直したいところです。

【関連リンク】

【関連記事】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログの内容を凝縮させた、一週間分の健康情報を配信しています。

メールマガジン について詳しくはこちら。

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブ��グ村 健康ブ��グへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

2017年の糖尿病治療剤市場は3770億円と予測<富士経済>

富士経済、高脂血症・糖尿病治療剤などの国内市場を調査、2017年の糖尿病治療剤市場は3770億円と予測

(2009/4/4、マイライフ手帳@ニュース)

2017年の糖尿病治療剤市場は3770億円を予測(08年比47.5%増)。

高齢化に伴い糖尿病患者数が増加、重症例の増加や罹患期間の長期化も考えられるなどが明らかになった。

記事によれば、今後も糖尿病の患者数が増加や合併症など重症化する患者の増加が考えられるため、糖尿病治療剤市場は拡大していくという予測なのだそうです。

できれば、糖尿病治療薬に頼らないで済むようにするためにも、食事療法運動療法糖尿病の予防を行なっていきたいですね。

【関連リンク】

米国、小児への糖尿病治療薬処方が4年で2倍に増加

米国、小児への治療薬処方が増加 糖尿病治療薬は4年で2倍に(2008/11/4、AFPBB)

米国では、慢性疾患にかかった小児への投薬治療の増加傾向を反映して、小児における最も一般的なタイプの糖尿病治療薬の処方が2002-05年の間に倍増している――。

アメリカでは、2型糖尿病患者への投薬治療が大幅増加しているそうです。

研究報告によると、5歳から19歳までの2型糖尿病患者に対する投薬治療が、02-05年の間に103%増となっているという。特に、女子が147%増と、男子の38.7%を大きく上回っている。

糖尿病患者が大幅に増加しているのに加えて、早期治療への関心の高まりから増加しているのではないかと考えられます。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)