隠れ糖尿病|たけしの本当は怖い家庭の医学

11月25日放送の最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学(テレビ朝日系)では、「隠れ糖尿病」を取り上げていました。

簡単に内容をまとめてみました。

隠れ糖尿病とは、空腹時の血糖値は正常だが、食後は、血糖値が上昇してもインスリンがあまり分泌されず高血糖のままの状態が続く人をいうそうです。

隠れ糖尿病と普通の糖尿病との違いは、普通の糖尿病は空腹時の血糖値が高いのですが、隠れ糖尿病は、空腹時の血糖値は正常であるため、通常の健康診断では見つけるのが難しいということ。

隠れ糖尿病を発見するためには、健康診断以外で、家族歴が重要になるとのこと。

家族に糖尿病患者がいるかどうかが、隠れ糖尿病を発見するポイントとなるそうです。

最近太ってきたと思い、かつ家族に糖尿病がいる人は、隠れ糖尿病かもしれないので、専門医で、食後の血糖値を調べたほうがよいようです。

番組HPを見ると、血糖値を急激に上げない!糖尿病予防料理が紹介されていますので、ご覧ください。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

世界糖尿病デーに岐阜城が青色にライトアップ 低カロリー料理も

世界糖尿病デーに低カロリー料理 岐阜城も青く(2008/11/9、岐阜新聞)

国連が定めた「世界糖尿病デー」(11月14日)に合わせ、岐阜市の金華山頂にある岐阜城が10―16日の夜間、青色にライトアップされる。

健康に深くかかわる「食」にも関心を高めてもらおうと、ふもとの長良川沿いの旅館やホテルは期間中、低カロリーの会席料理を提供する。

世界糖尿病デーに合わせて岐阜城が青色にライトアップされるそうです。

糖尿病の方でも安心な料理は、糖尿病でない方にとっても健康的な料理のはずですので、こういった低カロリー料理が広まるといいですね。

【関連ページ】

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)