米国の子ども、超肥満が低年齢化し、糖尿病に

米国の子ども、超肥満が低年齢化

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

米国の子ども、超肥満が低年齢化

(2010/3/21、AFPBB)

米国の子どもの間で、肥満よりもさらに太っている超肥満が低年齢化しており、同じ年齢の普通体重児に比べて寿命が十年単位で短くなるリスクがあるほか、高齢者に多い疾患が20代でみられるといった問題が生じている。

米国の非営利医療サービス団体、カイザー・パーマネンテ(Kaiser Permanente)が18日、小児科専門誌「Journal of Pediatrics」(電子版)に発表した。

アメリカの子供で、肥満よりもさらに太っている超肥満が低年齢化しているそうです。

この超肥満とは、どのくらいのレベルの肥満を指すのでしょうか。

「超肥満」は米疾病対策センター(US Centers for Disease Control and Prevention、CDC)が09年に新たに定義した肥満レベルで、体重(キロ)/身長(メートル)の二乗で算出する肥満度指数BMIが、35を超えた場合。

米国では男子の7.3%、女子の5.5%が超肥満に分類されるという。

調査を行ったカリフォルニア州だけでも約50万人に相当する。

12歳男子では体重82キロ、身長152センチより太っているとあてはまる。

超肥満とは、BMIが35を超えた場合に分類され、アメリカでは、男子の7.3%、女子の5.5%が超肥満に分類されているそうです。

超肥満の子どもたちには、健康問題が心配されます。

そうした健康問題とは、肥満との関連が知られている糖尿病や循環器系の疾患、脂肪肝などで、肥満児童の中ではほかの子どもよりも多く、早いうちからみられる。

超肥満の子どもたちは、早い内から、糖尿病や脂肪肝などの病気になりやすくなり、寿命が短くなるリスクが高くなります。

早期の対策が重要となりそうです。

ところで、この研究では、人種別・性別でも調査がされています。

研究では、カリフォルニア州で2歳から19歳までの計71万1000人について、07年と08年の記録を検証した。

米国の子どもの間でどの程度、超肥満が広がっているかを調べたものでは初めてだ。

その結果、男子の7%、女子の5%が超肥満だった。

人種別にみた場合では、黒人の10代女子とヒスパニック系の10代男子の12%が超肥満だった。

また女子よりも男子のほうが超肥満に至る時期の低年齢化が進んでおり、女子12歳に対し男子は10歳だった。

一方、女子は超肥満となるピークが2回あり、2回目は18歳だった。

超肥満以外では19%が肥満(BMI30超)、37%が太りすぎ(BMI25超)だった。

男子のほうが超肥満に至る時期の低年齢化が進んでおり、また超肥満になる割合も多いようです。

また、人種別に見ると、黒人の10代女子、ヒスパニック系10代男子の割合が多いようです。

【関連記事】

ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログの内容を凝縮させた、一週間分の健康情報を配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブ��グ村 健康ブ��グへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

低年齢化する糖尿病・肥満

【三日坊主を返上】(1)ダイエット 甘~い誘惑にいつもKOされ… (2009/1/5、MSN産経ニュース)

低年齢化する肥満・糖尿病

肥満に悩むのは、大人ばかりではない。

最近は糖尿病といった生活習慣病が、小中高校生の間でもみられるようになり、低年齢化が懸念されている。
文部科学省の平成20年度学校保健統計調査速報によると、肥満傾向にある9~17歳の子供の割合は減少傾向にあるとはいえ、10%前後を占め、30年前に比べ2倍近くに上る。

子供の糖尿病肥満が増加していることが問題となっています。

肥満・糖尿病は大人だけの問題ではありません。

記事の中で、子供の肥満対策について紹介してあります。

子供の肥満対策には、手作りの食事といった親のサポートが欠かせない。

(1)幼少のころ、ぐずったりしたとき、なだめるために菓子を与えていないか

(2)ふだんから菓子を買いためて、間食をさせていないか

(3)食事作りを怠り、ファストフードや外食、総菜などで済ませていないか

(4)ゲームや塾通いで、外で遊ぶ時間が減り、運動不足になっていないか

(5)家族みんなで食卓を囲み、楽しい雰囲気作りをしているか

-といったことをまず顧みたい。

食生活や運動などの生活習慣をきちんと管理することで、子供の肥満・糖尿病を予防しましょう。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

メキシコでも肥満増加 糖尿病患者の増加懸念も

アメリカの隣で:メキシコの今/中 清涼飲料ガブ飲み世界2位 ヒーローまで太った(2008/12/4、毎日新聞)

メキシコ人は急激な肥満傾向にある。

米国に次ぐ世界2位の「肥満大国」で、米国を追い抜くのではないかとの懸念さえ出る。

「肥満に対する戦争」。そんな言葉も生まれた。

メキシコでは急激に肥満の人が増えているそうで、アメリカに次ぐ世界第2位の肥満大国なのだそうだ。

「メダルのためだけではなく、肥満を解決するためにもスポーツを振興させる」。カルデロン大統領は10月、北京五輪メダリストの表彰式でこう演説した。糖尿病などの原因になる肥満は医療費増加につながる。国家を揺るがす深刻な問題だ。

糖尿病などの原因となる肥満は医療費増加につながり、国家財政への負担が増えることになることを考えると、肥満対策が重要になる。

では、なぜメキシコで肥満が急激に増加したのだろうか。

肥満が顕著になったのは1990年代から。

米国の影響による食習慣の変化や運動不足が原因とされる。

清涼飲料の1人当たりの消費量は米国に次ぐ世界2位。

糖分の多い飲み物の過剰な摂取が、肥満を加速させている。

メキシコで肥満が増加しているのは、アメリカの影響による食生活の変化や運動不足が原因のようだ。

特に、清涼飲料水の一人当たりの消費量は世界第2位で、そのことが肥満の増加に拍車をかけているようだ。

この肥満の傾向は、子供にも起きている。

特に問題視されているのが子供の肥満だ。小学生の40%もが肥満傾向にある。

子供の肥満も増加しており、小学生の40%もが肥満傾向にあるそうだ。

国全体、世界全体で肥満対策を行い、糖尿病を予防する必要があるようです。

 

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

阪神岩田投手、糖尿病の子とクリスマスパーティー

阪神・岩田投手、糖尿病の子たちとクリスマスパーティー(2008/12/7、朝日新聞)

糖尿病と闘いながら活躍する阪神タイガースの岩田稔投手(25)が7日、大阪医科大付属病院(大阪府高槻市)で開かれたクリスマスパーティーに参加し、同じ1型糖尿病に苦しむ子どもたちや保護者約150人を励ました。

糖尿病と闘いながらプロ野球選手として活躍するなんてすごいですね。

糖尿病で苦しむ子どもたちは、勇気をもらえているのではないでしょうか。

 

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

中学校の採血検査に糖尿病も検査項目に

中学生にメタボ予備軍いない? 市内の全1年生から採血検査(2008/11/15、両丹日日新聞)

福知山市内の全10中学校で1年生を対象にした生活習慣病予防検診が行われている。

全員から採血をしてコレステロールなどを調べ、指導に役立てていくもので、3年目の今年はメタボリックシンドロームの予備軍がいないか調べるため、検査項目を増やして糖尿の傾向も見る。

<中略>

検査項目は貧血を調べる赤血球▽ヘモグロビン▽ヘマトクリット。

機能を調べるGPT。

それと高脂血症を調べるためのHDLコレステロール。

今年は糖尿病を調べるためヘモグロビンA1cも検査することになった。

高脂血症と糖尿病を調べることでメタボが分かる。

<!引用終わり>

最近では、子供の糖尿病が増加しており、世界的にも糖尿病の子供が増加しています。

この記事によると、子供のころから糖尿病の疑いがないかを検診で調べるようになったそうです。

糖尿病などの生活習慣病は、早めの対策が重要なため、良い方法なのではないでしょうか。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

北京、小中学生の3%が糖尿病予備軍に

北京、小中学生の3%が糖尿病予備軍に(2008/11/12、中国国際放送)

北京市の関係部門の調査結果によりますと、現在、北京市では境界型糖尿病と診断された小中学生の数が全体の3%を超えているということです。

北京市では、児童や青少年の糖尿病罹患率が高まる傾向にあります。

中国でも、子供の糖尿病が増加傾向にあるようです。

子供の頃の糖尿病(2型糖尿病)は、親による食生活の改善が重要なポイントです。

子供が糖尿病にならないためにも、子供の食生活・食習慣に気をつけましょう。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

米国、小児への糖尿病治療薬処方が4年で2倍に増加

米国、小児への治療薬処方が増加 糖尿病治療薬は4年で2倍に(2008/11/4、AFPBB)

米国では、慢性疾患にかかった小児への投薬治療の増加傾向を反映して、小児における最も一般的なタイプの糖尿病治療薬の処方が2002-05年の間に倍増している――。

アメリカでは、2型糖尿病患者への投薬治療が大幅増加しているそうです。

研究報告によると、5歳から19歳までの2型糖尿病患者に対する投薬治療が、02-05年の間に103%増となっているという。特に、女子が147%増と、男子の38.7%を大きく上回っている。

糖尿病患者が大幅に増加しているのに加えて、早期治療への関心の高まりから増加しているのではないかと考えられます。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)