糖尿病の運動療法の進め方

糖尿病講座:(20)運動療法の進め方

(2009/1/27、毎日新聞)

糖尿病では血液中の糖が慢性的に高い状態ですので、運動によって糖などのエネルギーを消費することは、継続的な血糖値のコントロールに非常に有効です。

また、いわゆるメタボリックシンドロームで認められる肥満や高血圧、脂質代謝異常の改善にもつながるため、こうした病気を合併している患者さんにも効果が期待できます。

運動療法は、大きく有酸素運動とレジスタンス運動の2種類に分類されます。

有酸素運動は酸素の供給に見合った強度の運動を持続して行うことにより、糖や脂肪をエネルギーとして消費します。

レジスタンス運動は主に抵抗負荷に対して動作を行う運動で、強い負荷強度で行えば無酸素運動に分類されますが、筋肉量の増加による基礎代謝量の増加や加齢に伴う筋委縮予防が期待できます。

糖尿病の方が、運動することは血糖値のコントロールに役立ちます。

また、運動は、糖尿病の方だけでなく、メタボリック肥満高血圧脂質異常症(高脂血症)の改善にも役立つことが期待できます。

■運動療法の種類

  • 有酸素運動 : 糖や脂肪をエネルギーとして消費
  • レジスタンス運動(無酸素運動) : 筋肉量を増やし、基礎代謝の増加

ただし、運動療法を行う場合は、合併症が悪化する可能性もあるようですので、自己判断で行わずに、事前に担当医と相談して、安全な運動内容を決める必要があるようです。

また、記事によると、

運動療法のタイミングとしては、血糖値の上昇が認められる食後1時間前後に行うのがよい

とされているそうです。

【関連リンク】

糖尿病と血管の病気の関係

続・糖尿病50話:第31話 糖尿病は血管の病気! (2008/11/4、毎日新聞)

糖尿病は血糖が高くなる病気ですが、長期間、血糖値が高い状態が続くと、全身の血管に影響を及ぼし、細小血管や大血管の合併症を起こします。糖尿病患者の死因として最も多いのは大血管症、つまり心血管病です。特に欧米では狭心症、心筋梗塞(こうそく)などの冠動脈疾患による死亡は糖尿病患者の死因の3~5割を占めており、わが国でも脳血管障害とともに死因の上位に位置します。

記事によると、糖尿病患者の死因の上位に位置するのが冠動脈疾患なのだそうで、その冠動脈疾患の発症頻度が増加傾向にあるそうです。

糖尿病患者の冠動脈疾患の特徴を記事のなかからまとめてみました。

  • 非糖尿病者に比べて、階段昇降や歩行時の前胸部の圧迫感などの狭心症の症状が出にくい。
  • 心筋梗塞になっても症状が強くないため、心筋虚血が重症にならないと胸痛を感じにくい。
  • 冠動脈は右、左に大きく分けて太いのが3本ありますが、糖尿病患者では3本ともに動脈硬化が起こって内径が狭くなることが多く、枯れ枝状の細い血管になり、またカルシウムの沈着(石灰化)も高頻度に認められます。

動脈硬化が起こる原因は、糖尿病と合併して起こる病気の脂質異常症(高脂血症)高血圧メタボリック、喫煙、運動不足などの生活習慣も重要になっています。

冠動脈疾患の発症を予防するためにも、食生活の改善や運動不足の解消などが必要です。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

温州みかん成分「β-クリプトキサンチン」に糖尿病改善効果

アークレイ、温州みかん成分「β-クリプトキサンチン」の肥満・糖尿病改善効果を実証(2008/10/28、日経プレスリリース)

プレスリリースによると、温州みかんの成分である 「β(ベータ)-クリプトキサンチン」に肥満・糖尿病の改善効果があることを実証したそうです。

このことは、日本肥満学会で発表されるそうです。

みかんで肥満・糖尿病・メタボリック予防ができればうれしいですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

メタボ対策フェア2008~糖尿病予防に関するショー&カンファレンス~

メタボ対策フェア2008 (健康美容ニュースより)

特定保健指導の疑似体験もできる! – 「メタボ対策フェア2008」開催(2008/10/16、マイコミジャーナル)

メタボ対策フェア実行委員会による”メタボ対策”をテーマにしたイベント「メタボ対策フェア2008~糖尿病予防に関するショー&カンファレンス~」が、10月16日~18日までパシフィコ横浜で開催されている。

今回が初の開催となる同イベントは、厚生労働省の後援で、日本糖尿病学会、健康保険組合連合会等の協賛のもと、メタボリックシンドロームに関する最新の情報を、展示、セミナーを通して提供することを目的としている。出展社・団体数は約60社で、健康機器メーカーをはじめ、製薬会社、健康食品メーカーなど、健康関連の企業が出展する。

メタボ対策フェアのイベントの開催は10月16日~18日までの10時から17時まで。

ただし、16日、17日は業界関係者向けの開催のようです。

18日は一般公開日で、無料で、糖尿病予防に関するショーアンドカンファレンスが行われるそうですので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

前兆を見逃すな!糖尿病・脳卒中治療最前線の予告

10月5日14時よりテレビ朝日系列で「前兆を見逃すな!糖尿病・脳卒中治療最前線」が放送されるそうです。

糖尿病研究の世界的権威である東京大学の門脇孝教授を迎え、生活習慣病のメカニズムと最先端の治療法を特集するそうです。

メタボ健診とは、メタボとはどのような状態なのかを実験を交えながら説明。

聖路加国際病院、日野原重明医師の病にならないための生活習慣などについても特集。

糖尿病は、はっきりとわかる自覚症状がない病気であるため、日頃の食生活や運動による予防法が重要となります。

日野原重明医師の言葉である「習慣が人を作る。体も心も」が重要なキーワードとなりそうです。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

腹囲を測って、糖尿病を予防

糖尿病の人でも内臓脂肪が多いと血管の病気を起こしやすく、血糖値が上がりやすいことも分かっています。

続・糖尿病50話:第26話 腹囲を測ろう(2008/9/23、毎日新聞)

現在、正確に内臓脂肪の量を測定できるのはCT検査です。統計に基づき、へそ周りの写真を撮った時の断面積で、内臓脂肪量が100平方センチを超えると、「内臓脂肪蓄積」と判定しています。
しかし、すべての人にCT検査での測定をすることは難しく、簡単に推定できる腹囲(ウエスト周囲径)測定が役立っています。
この測定は最もおなかのくびれた所を測るのではなく、リラックスした状態で、おへその高さで地面に水平に巻き尺(メジャー)を巻いて測定します。おなかに脂肪がたくさんついて腹が垂れ下がっている場合は、肋骨(ろっこつ)の一番下と骨盤の中間あたりで測ります。食事などによる影響を避けるため、できるだけ空腹時に測定するのが望ましく、内臓脂肪蓄積100平方センチに相当する腹囲は、統計上で男性85センチ、女性90センチであるため、この数字がメタボリックシンドロームの診断の必須項目として採用されています。

内臓脂肪は、たまりやすい一方、減らしやすいという性質を持っています。

運動することで内臓脂肪を減らすことができます。

また、記事によると、「内臓脂肪が減れば、糖尿病の人では血糖値が下がると言われています。」

糖尿病を予防するためにも、腹囲を定期的に測ることで、内臓脂肪がどれくらいあるかを管理し、糖尿病を予防しましょう。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

糖尿病とメタボ

続・糖尿病50話:第25話 メタボのほんとうの意味(2008/9/9、毎日新聞)

糖尿病とメタボは密接な関係です。メタボは、内臓脂肪の蓄積(腹囲の増加)に加えて、血糖高値、血圧高値、脂質異常のうちの二つ以上を満たし、動脈硬化進行の危険が高いものです。
糖尿病の患者さんでは、腹囲基準を満たせばあと1項目ですぐに該当してしまいます。メタボ型の糖尿病は運動や食事に気をつけて内臓脂肪を減らせば、血糖値がよくなるのでメタボを意識するのはいいことです。

糖尿病メタボは密接な関係があります。

糖尿病の患者は、腹囲の基準が該当すれば、メタボとなるのです。

糖尿病もメタボも食生活の改善や運動不足の解消して、予防しましょう。

にほんブ��グ村 病気ブ��グへ

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)