カロリー制限より炭水化物制限|糖尿病の食事療法の新常識 とくダネ! 10月13日

 

 

【参考記事】

 

カロリー制限より炭水化物制限|糖尿病の食事療法の新常識 とくダネ! 10月13日

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

2011年10月13日放送のとくダネ!で糖尿病の食事療法の新常識について取り上げました。

今日はこれから僕が監修する新常識日本の医療・フジテレビ系列とくダネ!の放送です。

今回の特集は糖尿病。欧米では当たり前に行われている炭水化物コントロールがなぜか推薦されない日本の糖尿病治療。

最新の糖尿病コントロールの現状を放送します。

実は炭水化物抜きはダイエットにも絶大な効果。

日本の糖尿病の食事療法は、カロリー制限を行なっている。

糖尿病の症状 について詳しくはこちら

糖尿病の食事療法 について詳しくはこちら

しかし、現在の研究によれば、炭水化物が血糖値を上げることがわかっており、欧米では、炭水化物をコントロールする食事が糖尿病の食事療法となっているそうです。

■炭水化物を減らす食事

  • サラダはドレッシングに注意
  • 玄米や日本そばでも血糖値は上がる
  • アルコールは血糖値を下げる

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

男性の糖尿病、魚で防ぐ 最大でリスク3割減

男性の糖尿病、魚で防ぐ 最大でリスク3割減

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

lunch

男性の糖尿病、魚で防ぐ…最大でリスク3割減

(2011/8/17、読売新聞)

魚介類を多く食べる男性は糖尿病になるリスクが低いことが17日、国立がん研究センターなどによる全国約5万人の追跡調査でわかった。

魚の脂に含まれる不飽和脂肪酸などが、血糖値を下げるインスリンの分泌を促すとみられる。

<中略>

また、アジやイワシなどの小・中型魚や、サケやサンマなど脂の多い魚を多く食べた方が糖尿病になりにくかった。

女性では摂取量と病気との間に明確な関連はなかった。

魚を多く食べる男性は糖尿病になるリスクが低いという調査結果が出たそうです。

⇒ 糖尿病 について詳しくはこちら

魚の脂に含まれるオメガ3などの不飽和脂肪酸が、血糖値を下げるインスリンの分泌を促すと考えられるようです。

⇒ オメガ3脂肪酸 について詳しくはこちら

魚をあまり食べない人は、ぜひ食事に魚を取り入れるようにしてくださいね。

P.S.もちろん糖尿病対策には、運動も大事です。

⇒ 糖尿病の運動療法 について詳しくはこちら

【関連記事】

【関連リンク】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログの内容を凝縮させた、一週間分の健康情報を配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブ��グ村 健康ブ��グへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

糖尿病患者、携帯で支援 自宅に居ながら運動、食事指導 金大附属、芳珠記念病院

糖尿病患者、携帯で支援 自宅に居ながら運動、食事指導 金大附属、芳珠記念病院

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

糖尿病患者、携帯で支援 自宅に居ながら運動、食事指導 金大附属、芳珠記念病院 今秋から3年間

(2010/8/16、北國新聞)

金大附属病院と能美市の芳珠記念病院は今秋から、同市内の軽度の糖尿病患者を対象に 、携帯電話で在宅療養を支援するサービスを開始する。

携帯電話で糖尿病患者の在宅療養を支援するサービスが開始されるそうです。

そのサービスとはどのようなものでしょうか。

患者が自宅で測定した血圧や血糖値などのデータを携帯電話で病院に送り、運動や食事の指導を受ける仕組みで、患者が自宅に居ながら専門医の助言が受けられる石川県内初の体制を確立する。

血圧や血糖値などのデータを携帯電話で病院に送り、運動や食事の指導を受ける仕組みなのだそうです。

患者さんにとっては、自宅で測定するという必要はありますが、病院に行く手間や時間がかからないため便利になりそうですね。

今後はこうしたケータイやPCを活用した在宅療養を支援する遠隔治療サービスが多く活用されるようになるかもしれません。

P.S 遠隔医療システムについて、一言。

通販規制で「薬難民」、政府が見直し検討へ

将来的には、インターネットなどを活用した遠隔医療が期待されますが、こうした規制が行われるようでしたら、遠隔医療は対面ではないため、医療とは認められないこととなり、遠隔医療システムは実現できないのではないでしょうか。

改正薬事法施行で、市販薬の通信販売が規制されるようになりました。

医薬品の販売には対面販売を求めているからです。

なぜ在宅療養を支援するサービスは対面を必要としないにもかかわらず、医薬品の販売には「対面」をもとめているのでしょうか。

運動や食事の指導も治療の範囲であれば、対面を必要とするのではとなると思います。

この部分に矛盾があるような気がします。

将来的には、遠隔医療システムが期待されます。

遠隔医療システムを実現させるためには、こうした矛盾を解消していく必要があるのではないでしょうか。

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂 フォローしてね。

Facebook-健康食品通販なら舶来堂 ファンページはコチラ!

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

糖尿病に悩んだら

糖尿病に悩んだら

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

糖尿病の症状におすすめページをご紹介します。

⇒ 糖尿病の症状 についてはこちら。

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!↓

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブ��グ村 健康ブ��グへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

2017年の糖尿病治療剤市場は3770億円と予測<富士経済>

富士経済、高脂血症・糖尿病治療剤などの国内市場を調査、2017年の糖尿病治療剤市場は3770億円と予測

(2009/4/4、マイライフ手帳@ニュース)

2017年の糖尿病治療剤市場は3770億円を予測(08年比47.5%増)。

高齢化に伴い糖尿病患者数が増加、重症例の増加や罹患期間の長期化も考えられるなどが明らかになった。

記事によれば、今後も糖尿病の患者数が増加や合併症など重症化する患者の増加が考えられるため、糖尿病治療剤市場は拡大していくという予測なのだそうです。

できれば、糖尿病治療薬に頼らないで済むようにするためにも、食事療法運動療法糖尿病の予防を行なっていきたいですね。

【関連リンク】

糖尿病「釜池理論」裏付けへ 東海大教授が実証研究

糖尿病「釜池理論」裏付けへ 東海大教授が実証研究

(2009/3/14、産経新聞)

糖尿病に対する新説をとなえ実践している愛媛県宇和島市の医師、釜池豊秋氏(アクアクリニック理事長)による「釜池理論」の正しさを実証するため、東海大学医学部の大櫛陽一教授(62)らが同クリニックで実証研究に着手した。釜池理論は、釜池氏の著書「糖尿病の新常識糖質ゼロの食事術」(実業之日本社)に詳述されている。

炭水化物などの糖質を排除し、肉など脂肪分を中心とした食事を続ければ糖尿病は改善される、という。

この記事によると、釜池理論とは、炭水化物などの糖質を排除し、肉など脂肪分を中心とした食事を続ければ糖尿病は改善されるというもの。

そこで、今回その理論が正しいのかどうかを実証するために、東海大の教授が実証実験を行うそうです。

果たして、この理論が新たな糖尿病改善法となるのでしょうか。

今後に注目したいです。

【関連リンク】

糖尿病の予防・治療には食事の改善・運動・健診が大切

【主張】糖尿病 食の改善と運動が大切だ(2009/1/13、MSN産経)

「糖尿病」が疑われる成人は2210万人に上ることが厚生労働省の調査で分かった。

5年前に比べ1・4倍にも増え、成人のほぼ5人に1人が該当する計算でまさに国民病である。

糖尿病または糖尿病予備軍と考えられる人が増加しているようです。

成人の5人に1人とも言われています。

【参考記事】

糖尿病、予備軍含め2210万人=1年で340万人増、成人の2割-厚労省

世界の国々でも糖尿病が問題になっています。

早期の発見と早い治療、それにライフスタイルの改善が糖尿病治療の決め手となる。

血糖値が高い人は早く専門医の診察を受け、血糖をコントロールする治療に専念したい。

年末年始はお酒と摂取カロリーが増え油断した人も多いだろう。

糖尿病患者とその予備軍は注意したい。

糖尿病の予防・治療には、生活習慣の改善が大切です。

糖尿病になっている人は、血糖値をコントロールするためにも医師からのアドバイス通りに生活を改善していく必要があります。

糖尿病とはこうである。

膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリン(血糖を減少させるホルモン)の量が不足し、その働きが妨げられたりして血糖値の高い状態が長い間続くと、毛細血管に障害が出て網膜症、脳卒中、腎症などの合併症を引き起こす。

最悪の場合、失明や壊疽(えそ)による足の切断もある。

糖尿病で怖いのが合併症です。

糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害などの合併症になると、失明や人工透析、最悪の場合は、足を切断する必要が出てきます。

ただし、糖尿病の症状はほとんど自覚症状がないため、日頃からの生活習慣の改善と定期健診が重要となってきます。

しかし、この記事によると、糖尿病が強く疑われる人でも治療を受けたことがない人が4割にも及んだそうです。

しかし、今回の調査で治療状況を調べたところ、「強く疑われる人」890万人のうち、治療を受けたことがない人が4割にも及んだ。

特定健診対象年齢の人は、メタボ対策の特定健診・保健指導(メタボ健診)をうまく活用するなどして自身の体の状態を把握するようにしてください。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)