広島で「未病フォーラム」 歯周病が糖尿病になる危険性を高める

趣味楽しみ長生き 広島で「未病フォーラム」 (2008/11/9、中国新聞)

広島大院医歯薬学総合研究科の栗原英見教授は「歯の健康増進力」と題して講演。

高齢者に多い歯周病は、糖尿病や動脈硬化になる危険性を高めると指摘し、「病気になる前に、口の中の健康に気を配って」と呼び掛けた。

歯周病が、糖尿病動脈硬化になる危険性が高める可能性があるということが取り上げられていたそうです。

今後も糖尿病と歯周病の関係には注目です。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

糖尿病と歯周病

最近の研究によって、糖尿病歯周病は、深い関係にあることが分かってきています。

糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いといわれています。

それは、糖尿病になると、唾液の分泌量が減って歯周病菌が増殖したり、免疫機能や組織修復力が低下して、歯周病が発症・進行しやすくなるからだと考えられます。

さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化する、という逆の関係も明らかになってきているようです。

つまり、歯周病と糖尿病は、互いに影響を与えている関係であると考えられるようになってきています。

糖尿病の初期の段階では、自覚症状がないので、自分では、糖尿病だとほとんどが気づくことはないと思います。

歯周病の症状がある人は、もしかすると糖尿病または糖尿病予備軍かもしれませんので、気になる方は一度見てもらうといいかもしれません。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)