糖尿病患者、携帯で支援 自宅に居ながら運動、食事指導 金大附属、芳珠記念病院

糖尿病患者、携帯で支援 自宅に居ながら運動、食事指導 金大附属、芳珠記念病院

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

糖尿病患者、携帯で支援 自宅に居ながら運動、食事指導 金大附属、芳珠記念病院 今秋から3年間

(2010/8/16、北國新聞)

金大附属病院と能美市の芳珠記念病院は今秋から、同市内の軽度の糖尿病患者を対象に 、携帯電話で在宅療養を支援するサービスを開始する。

携帯電話で糖尿病患者の在宅療養を支援するサービスが開始されるそうです。

そのサービスとはどのようなものでしょうか。

患者が自宅で測定した血圧や血糖値などのデータを携帯電話で病院に送り、運動や食事の指導を受ける仕組みで、患者が自宅に居ながら専門医の助言が受けられる石川県内初の体制を確立する。

血圧や血糖値などのデータを携帯電話で病院に送り、運動や食事の指導を受ける仕組みなのだそうです。

患者さんにとっては、自宅で測定するという必要はありますが、病院に行く手間や時間がかからないため便利になりそうですね。

今後はこうしたケータイやPCを活用した在宅療養を支援する遠隔治療サービスが多く活用されるようになるかもしれません。

P.S 遠隔医療システムについて、一言。

通販規制で「薬難民」、政府が見直し検討へ

将来的には、インターネットなどを活用した遠隔医療が期待されますが、こうした規制が行われるようでしたら、遠隔医療は対面ではないため、医療とは認められないこととなり、遠隔医療システムは実現できないのではないでしょうか。

改正薬事法施行で、市販薬の通信販売が規制されるようになりました。

医薬品の販売には対面販売を求めているからです。

なぜ在宅療養を支援するサービスは対面を必要としないにもかかわらず、医薬品の販売には「対面」をもとめているのでしょうか。

運動や食事の指導も治療の範囲であれば、対面を必要とするのではとなると思います。

この部分に矛盾があるような気がします。

将来的には、遠隔医療システムが期待されます。

遠隔医療システムを実現させるためには、こうした矛盾を解消していく必要があるのではないでしょうか。

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂 フォローしてね。

Facebook-健康食品通販なら舶来堂 ファンページはコチラ!

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。