未病・冷えと糖尿病の関係とは

あなたは大丈夫? 70%以上のビジネスマンが抱える「未病」の傾向と対策

(2009/11/9、マイコミジャーナル)

東京女子医科大学の川嶋朗准教授によると、「未病」の中でも特に気をつけるべきなのが「冷え」とのこと。

「冷え」は慢性化すると、動脈硬化や糖尿病、肝臓・腎臓のトラブルや癌などといった、重篤な疾患の原因にも関わってくるのだという。

未病の中でも、特に気をつけるべきなのは、「冷え」なのだそうです。

冷えが慢性化すると、動脈硬化糖尿病肝臓の病気腎臓のリスクが高くなるということのようです。

未病の冷え対策としてどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

川嶋准教授によると、「冷え」について、生活の中において気をつけるべきことや対策としては、下記のことなどが効果的としている。

  • – 冷たい食べ物を控える。
  • – 温かい食事や、身体を温める効果のあるメニューを積極的に摂取する。
  • – 38~40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかる。
  • – 朝型の規則正しい生活を心がける。
  • – 運動により代謝を上げる。
  • – 血流が活発な部位を温める(太ももなど) 。
  • – アルコールは身体を温めるが、冷たいビールなどを大量に飲むと、アルコールの温め
  • 効果よりもビールの冷たさが勝って、身体の熱を奪ってしまうので注意する。
  • – 酒は飲み方に注意し、「少なく、薄くして飲む」ことを心がける。
  • 低体温改善方法とほぼ同じアドバイスとなっています。

    【関連リンク】

    未病が気になる方は、元記事に男の未病チェックリストがありましたので、ぜひ試してみてください。

    【関連リンク】

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。