糖尿病研究・治療は徳島へ 死亡率ワーストを強みに

糖尿病“研究”は徳島で  死亡率ワーストを強みに

(2009/8/29、47ニュース)

糖尿病の研究と治療は徳島へ―。

人口に占める糖尿病死亡率が全国ワーストの徳島県が、患者の多さという「弱み」を強みにし、世界レベルの研究・治療拠点づくりと事業化計画を進めている。

以前、徳島県が糖尿病死亡率ワーストワンという記事をこのブログでも取り上げましたが、徳島県は、この弱みを強みにしようと、糖尿病の研究・治療拠点づくりを行なっているそうです。

核となるのは今年中に徳島大に設置される予定の「臨床・研究開発センター」。

研究者ら約100人が臨床研究や薬の研究開発などを行う。

9月から約5年間、文部科学省の事業として年間3億円が支給される予定だ。

患者数が多いことは大変残念なことですが、逆にいえば、それだけデータを研究に活用できるということも言えます。

徳島県は2006年まで14年連続で、糖尿病による死亡率全国1位。

車社会のためか、1日の歩数が全国平均より千歩も少なく、糖尿病の多い一因とされる。

なぜ徳島県が糖尿病による死亡率が全国ワースト1位なのか、その理由が分かれば、糖尿病の予防につながると思います。

このプロジェクトぜひ成功させてもらいたいものです。

【関連リンク】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。