糖尿病患者が新型インフルエンザに感染した場合、重症化の恐れ 早急な対策を

“糖尿病患者 早急な対策を”

(2009/5/19、NHK)

新型インフルエンザの国内の感染者は、これまでのところ若い世代が多く、症状が重いケースは報告されていませんが、糖尿病などの患者が感染した場合は、早期に適切な治療を受けないと重篤な状態になるおそれもあるとして、専門医からは、行政に対して早急な対策を求める声が上がっています。

糖尿病や心臓病の患者が新型インフルエンザに感染した場合、重症化する恐れがあるといわれています。

重症化する恐れのある糖尿病などの専門医と新型インフルエンザ対策のための感染症対策の医師とが連携して対応できる態勢を整える必要がありそうです。

【関連リンク】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。