メキシコでも肥満増加 糖尿病患者の増加懸念も

アメリカの隣で:メキシコの今/中 清涼飲料ガブ飲み世界2位 ヒーローまで太った(2008/12/4、毎日新聞)

メキシコ人は急激な肥満傾向にある。

米国に次ぐ世界2位の「肥満大国」で、米国を追い抜くのではないかとの懸念さえ出る。

「肥満に対する戦争」。そんな言葉も生まれた。

メキシコでは急激に肥満の人が増えているそうで、アメリカに次ぐ世界第2位の肥満大国なのだそうだ。

「メダルのためだけではなく、肥満を解決するためにもスポーツを振興させる」。カルデロン大統領は10月、北京五輪メダリストの表彰式でこう演説した。糖尿病などの原因になる肥満は医療費増加につながる。国家を揺るがす深刻な問題だ。

糖尿病などの原因となる肥満は医療費増加につながり、国家財政への負担が増えることになることを考えると、肥満対策が重要になる。

では、なぜメキシコで肥満が急激に増加したのだろうか。

肥満が顕著になったのは1990年代から。

米国の影響による食習慣の変化や運動不足が原因とされる。

清涼飲料の1人当たりの消費量は米国に次ぐ世界2位。

糖分の多い飲み物の過剰な摂取が、肥満を加速させている。

メキシコで肥満が増加しているのは、アメリカの影響による食生活の変化や運動不足が原因のようだ。

特に、清涼飲料水の一人当たりの消費量は世界第2位で、そのことが肥満の増加に拍車をかけているようだ。

この肥満の傾向は、子供にも起きている。

特に問題視されているのが子供の肥満だ。小学生の40%もが肥満傾向にある。

子供の肥満も増加しており、小学生の40%もが肥満傾向にあるそうだ。

国全体、世界全体で肥満対策を行い、糖尿病を予防する必要があるようです。

 

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。