米国、小児への糖尿病治療薬処方が4年で2倍に増加

米国、小児への治療薬処方が増加 糖尿病治療薬は4年で2倍に(2008/11/4、AFPBB)

米国では、慢性疾患にかかった小児への投薬治療の増加傾向を反映して、小児における最も一般的なタイプの糖尿病治療薬の処方が2002-05年の間に倍増している――。

アメリカでは、2型糖尿病患者への投薬治療が大幅増加しているそうです。

研究報告によると、5歳から19歳までの2型糖尿病患者に対する投薬治療が、02-05年の間に103%増となっているという。特に、女子が147%増と、男子の38.7%を大きく上回っている。

糖尿病患者が大幅に増加しているのに加えて、早期治療への関心の高まりから増加しているのではないかと考えられます。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメント / トラックバック1件

  1. […] Comment! 米国、小児への糖尿病治療薬処方が4年で2倍に増加 (糖尿病ブログより) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。