世界糖尿病デー:青い白鷺城 ブルーライトアップ 【兵庫】

世界糖尿病デー:青い白鷺城 シンボルカラーでブルーライトアップ--あす /兵庫(2008/11/13、毎日新聞)

糖尿病の予防や検診を呼びかける「世界糖尿病デー」の14日、建物などをシンボルカラーの青色に光らせる「ブルーライトアップ」が世界各地で実施される。

2回目の今年は姫路城の天守閣も参加する。

カラー照明を使った天守閣のライトアップは初めての試みで、城管理事務所は「青い“白鷺城”をぜひ見てほしい」としている。

世界糖尿病デーは国連が06年、インスリン発見者の誕生日である11月14日にちなんで定めた。

2回目の今年は世界約740カ所、国内約50カ所がライトアップされるが、県内では姫路城だけだ。

兵庫県内では、姫路城だけがブルーライトアップに参加するとのことです。

兵庫県内の方は、ぜひご覧になってみて、糖尿病のことについて考えてみてはいかがでしょうか。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメント / トラックバック1件

  1. […] Comment! 世界糖尿病デー:青い白鷺城 ブルーライトアップ 【兵庫】 (糖尿病ブログより) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。