「腹八分目」で糖尿病予防

(3)「腹八分目」で糖尿病予防(2008/10/10、読売新聞)

糖尿病は、このインスリンが不足したり、うまく働かなくなる病気だ。インスリンが働かないと、血液中のブドウ糖が体細胞に取り込まれなくなり、尿にあふれ出てしまう。すると、体では逆にブドウ糖が不足し、代わりに筋肉や体脂肪を分解してブドウ糖を作り出してエネルギーを補う。糖尿病が進むと太っていた人がやせるのは、このためだ。

糖尿病は、食事をした際に血糖値を下げるインスリンが不足したり、うまく働かなくなることが原因でおこる病気ですので、砂糖などの糖分を控えれば予防できる病気ではありません。

糖尿病の原因は、いろいろとありますが、主な原因としては食べ過ぎや運動不足などの生活習慣の悪化であるといわれています。

糖尿病予防のためにも、おなかいっぱいになるまで食べるのではなく、腹八分目を心がけましょう。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメント / トラックバック1件

  1. […] 「腹八分目」で糖尿病予防 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。