米の糖尿病患者10年で90%増、南部で高率

読売新聞の記事では、糖尿病の発症率に関して、州ごとの発症率に大きな差があることがわかったということを紹介しています。

米の糖尿病患者10年で90%増、南部で高率(2008/11/1、読売新聞)

発症率は州によって5・0~12・8人と大きな差があり、主に南部の州で高かった。
南部の諸州はかねて、肥満や運動不足など、2型糖尿病の発病につながるリスクを持つ人の割合が高いと指摘されている。

おもにアメリカ南部の州が、糖尿病発症率が高かったそうです。

原因としては、肥満や運動不足などが挙げられており、食事の改善や運動不足の解消が糖尿病予防のために必要なようです。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。