糖尿病発生率、10年で2倍に=肥満増に伴い上昇-アメリカ

糖尿病発生率、10年で2倍に=肥満増に伴い上昇-米(2008/11/1、時事通信)

米疾病対策センター(CDC)は31日までに、米国人の糖尿病の新規罹患(りかん)率が1000人当たり約9人で10年前に比べ倍増したとする調査結果を公表した。

アメリカでは、肥満の増加に合わせて、糖尿病になる人が増え、その糖尿病の発生率は、10年で倍増しているそうです。

世界的に糖尿病の人が増加しているようです。

肥満による糖尿病を予防するためにも、食事の改善・運動不足の解消が必要なようです。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。