米に含まれる成分が糖尿病の予防や治療に活用:国際シンポ

国際シンポ:「コメと疾病予防」 米食文化の重要性指摘--和歌山 /和歌山(2008/11/2、毎日新聞)

食の欧米化と日本人の糖尿病増加を関連付け、古来の米食文化の重要性を説明した。米に含まれる成分が、糖尿病などの予防や治療に活用できると語った。

国際シンポジウムの中で、南條輝志男・県立医大学長が「アジア人における2型糖尿病の遺伝的背景について」をテーマに講演を行い、米に含まれる成分が糖尿病の予防や治療に活用できるのではないかと語ったそうです。

コメの有効性についてもう一度考えるときが来ているのかもしれません。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。