糖尿病治療開発に向け、ニュージーランドでブタの細胞人体移植実験を許可

NZでブタの細胞人体移植実験を許可、糖尿病治療開発に向け(2008/10/22、AFPBB)

ニュージーランド政府は21日、ブタの細胞を人体へ移植する臨床実験を認可した。糖尿病の画期的な治療法に道を開くものとして期待される。

記事によると、1型糖尿病の治療でインシュリンの分泌を促進するため、ブタのすい臓から採取した細胞を移植していく治療を行なっていくとのことでした。

しかし、この技術は議論を呼んでいます。

だが、この技術は糖尿病患者に大きな恩恵をもたらす可能性がある一方で、ブタのウイルスが人体で広がって感染症を引き起こす恐れもあるため、激しい議論を呼んでいる。

この技術によって、インシュリン注射の必要量が減少したり、血糖値が正常値を保つことができるようになる一方で、現在のところウイルスによる感染症を引き起こす恐れがあるのではないかという問題点について解消できていないため、この技術が一般的に利用されるようにするには、安全な技術なのかどうかを研究し、安全性を証明する必要がありそうです。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。