糖尿病合併症を再現 富山大グループがモデルマウス開発

糖尿病合併症を再現 富山大グループがモデルマウス開発(2008/10/24、富山新聞)

富大大学院医学薬学研究部(医学)の加藤一郎准教授(生化学)と笹原正清教授(病態病理学)、戸邊一之教授(第一内科学)らの研究グループは二十三日までに、世界的に開発が困難とされた糖尿病合併症のモデル動物の開発に成功した。ほぼ100%の確率でヒトに近い糖尿病性腎症(じんしょう)や網膜症を発症することから、予防、治療の研究推進に有効である。東北大と共同で特許を申請、来年にも認可の見通しで、糖尿病合併症の根本治療確立へ成果が期待される。

糖尿病性腎症や糖尿病性網膜症などの糖尿病の合併症のモデルマウスの開発に成功したそうです。

このことにより、糖尿病の合併症の予防・治療の研究が進みそうですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。