糖尿病ケアと防止の国際組織、ダイアベティスHOWサミットが推進

糖尿病ケアと防止の国際組織、ダイアベティスHOWサミットが推進(2008/10/22、ファスニングジャーナル)

ジョンソン・エンド・ジョンソン・ダイアベティス・インスティテュートは22日、糖尿病のケアと防止活動を向上させるためコミュニティー主体の成功するソリューションを見つけ、反復することを目指す国際的連合組織「ダイアベティス(糖尿病)HOW(商標):われわれの世界を支援するために」を発足させるため世界の糖尿病と公衆衛生指導者を集めたサミットを開催している。

12カ国から集まった25人余りの健康指導者は2日間の「ダイアベティスHOWサミット」に参加し、連合組織に対する指針となる原則を確立し、健康的な食事、運動、その他糖尿病防止戦略を進めるモデル計画とアイデアを共有し、糖尿病に罹って生活している世界2億4000万の人々をケアする確かな支援策とアクセスに役立つ話し合いを続ける。連合が当面重視することは、糖尿病に罹っているかその恐れがある子供たちに向けられる。

この記事でいちばん興味深いことは、現在、世界経済の急激な落ち込みによって、政府が健康関連支出を減らし、医療ケアを先送りしているということ。

医療ケアへの支出が先送りされることで、糖尿病予防とケアに関しても影響が出てきそうです。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。