批判を打ち返した糖尿病研究者

批判を打ち返した糖尿病研究者(2008/10/8、swissinfo)

チューリヒ大学教授のマルク・ドナート氏は2型糖尿病の進行を食い止める前途有望な治療法を開発した。
「2型糖尿病は最も多く見られるタイプの糖尿病で、いわば細胞が炎症を起こすことによって生じる」。ドナート氏のこの説は、発表当初多くの批判にさらされた。しかし9月、同氏はスイス人で初めて権威あるノバルティス糖尿病賞を受賞した。

2型糖尿病は高齢者に多く見られ、糖尿病患者全体の9割を占めている。不健康な生活習慣も原因の一部となっており、患者の数は増加するばかりだ。スイスで2型糖尿病を患っている人は全人口のおよそ7%に当たる。

原因は、体内のグルコース値 ( 血糖値 ) をコントロールするホルモン、インスリンの分泌不全にある。2型糖尿病の患者はすい臓でインスリンを十分生成することができない。あるいは、これを効果的に使うことができない。そして、やがてインスリンを生成するベータ細胞が破壊される。内分泌学と糖尿病を専門とするチューリヒ大学病院のドナート教授は、細胞を破壊する物質を突き止め、それを遮断することに成功した。

ドナート氏の説は当初批判にさらされたが、現在では、受け入れられているようです。
従来の理論が覆されるとき、その理論をもとに考えていた人にとっては、最初は受け入れられづらいでしょう。
しかし、ドナート氏はその批判に負けず、学術関係者を納得させたそうです。
今後も、壁に当たることもあるかもしれませんが、糖尿病研究に頑張ってほしいですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。