中国が世界第2位の「糖尿病大国」に 男性患者急増

中国が世界第2位の「糖尿病大国」に 男性患者急増(2008/10/15、サーチナ)

楊教授によると、最近行った調査から、生活レベルの向上のため国内の都市部では糖尿病の発病者数が増加しており、特に男性では30歳から60歳の間に発病する確率が急激に高くなっていることが分かった。現在、中国の糖尿病患者数はインドに次いで世界第2位となっており、2050年には5930万人に上ると予測されている。

記事によると、中国において、糖尿病患者が急増しており、また、とくに男性が糖尿病を発病する確率が高まっているそうです。

もちろん人口も多いからなのでしょうが、中国の糖尿病患者数は世界第2位となったそうです。

中国では収入が増加している人が増えているため、食生活や運動などの生活習慣が変化し、糖尿病患者が急増していると考えられています。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメント / トラックバック1件

  1. […] Comment! 中国が世界第2位の「糖尿病大国」に 男性患者急増 (糖尿病ブログより) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。