糖尿病と歯周病

最近の研究によって、糖尿病歯周病は、深い関係にあることが分かってきています。

糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いといわれています。

それは、糖尿病になると、唾液の分泌量が減って歯周病菌が増殖したり、免疫機能や組織修復力が低下して、歯周病が発症・進行しやすくなるからだと考えられます。

さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化する、という逆の関係も明らかになってきているようです。

つまり、歯周病と糖尿病は、互いに影響を与えている関係であると考えられるようになってきています。

糖尿病の初期の段階では、自覚症状がないので、自分では、糖尿病だとほとんどが気づくことはないと思います。

歯周病の症状がある人は、もしかすると糖尿病または糖尿病予備軍かもしれませんので、気になる方は一度見てもらうといいかもしれません。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。