糖尿病と合併症・動脈硬化との関係

糖尿病患者は動脈硬化の危険度が高いそうです。

糖尿病講座:(12)糖尿病の合併症(動脈硬化) (2008/9/18、毎日新聞)

さまざまな調査で、糖尿病の人は糖尿病でない人と比べて動脈硬化性疾患にかかる危険が3倍から5倍高いことが明らかになっています。高血圧や脂質異常症など、危険因子を併せ持つ人では危険はさらに高くなります。心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患を起こさず、糖尿病を持ちながら天寿を全うするためには、三大合併症だけでなく、動脈硬化の進行を少しでも抑えることが重要です。

糖尿病の人は動脈硬化になる危険性が高く、さらに高血圧脂質異常症(高脂血症)などの危険因子を持つ人はさらに危険性が高くなるそうです。

糖尿病にならないよう予防するのが一番ですが、糖尿病をもちながらできるだけ健康に過ごすためには、糖尿病の合併症だけでなく、動脈硬化についても注意を払う必要があるようです。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。