横須賀市民病院 糖尿病フットケア外来を開設

糖尿病が原因の合併症による足の切断を防ぐため、横須賀市立市民病院では、糖尿病患者を対象に足のツメや皮膚の手入れを行う「糖尿病フットケア外来」を開設したそうです。

横須賀市民病院 足元から合併症予防 糖尿病ケア外来を開設(2008/8/20、東京新聞)

糖尿病が長引くと、つま先などの末梢(まっしょう)神経の感覚が鈍り、けがや皮膚病に気付きにくくなる。日本医師会などの統計によると、こうした症状が悪化し、年間三千人の糖尿病患者が足を切断している。

糖尿病は自覚症状がないので、治療をしない人が多い。

また、治療しても継続しない患者もいるようです。

糖尿病によって足を切断することのないよう病院でしっかりと治療を受けましょう。

にほんブ��グ村 病気ブ��グへ

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメント / トラックバック1件

  1. […] 横須賀市民病院 糖尿病フットケア外来を開設 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。