糖尿病治療への応用に期待、インスリン分泌細胞、「iPS」使わず作成

なくそう・減らそう糖尿病:インスリン分泌細胞、「iPS」使わず作成(2008/9/5、毎日新聞)

マウスの膵臓(すいぞう)の細胞に遺伝子を組み込み、インスリンを作る細胞に変化させることに、米ハーバード大の研究チームが成功した。再生医療の切り札として注目される「万能細胞」を使わずに、目的の細胞を作ったのが特徴。糖尿病治療への応用が期待される成果で、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

今回の研究では、再生医療で注目される万能細胞「iPS」を使わずにインスリンを分泌する細胞を作ることができ、そして、人工的に糖尿病にしたマウスの高血糖症状を改善する効果も確認できたそうです。

にほんブ��グ村 病気ブ��グへ

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。