2型糖尿病発症関連遺伝子が特定

2型糖尿病には、生活習慣の乱れなどに加え、糖尿病になりやすい遺伝的要素が関わっていると考えられています。

そこで、今回、日本人で初めて2型糖尿病発症に強く関連する遺伝子が特定されたそうです。

<糖尿病>「2型」発症関連遺伝子 理研など2チームが特定(2008/8/18、毎日新聞)

日本人の糖尿病患者の95%以上を占める2型糖尿病の発症に深くかかわる遺伝子を、国立国際医療センターなどと理化学研究所などの日本の二つの研究チームが特定した。この遺伝子のDNA塩基配列に特定の変異がある場合は、ない場合に比べて発症の危険性が約1・4倍になるという。2型糖尿病発症に強く関連する遺伝子が、日本人で特定されたのは初めて。

この遺伝子だけが原因によって糖尿病になるわけではありませんが、この遺伝子に変異がある人は生活習慣の改善に取り組む必要があり、糖尿病予防につながると思います。

にほんブ��グ村 病気ブ��グへ

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。