糖尿病を早期発見できる視力検査器

糖尿病加齢黄斑変性を早期発見できる視力検査器が発明されたそうです。

糖尿病を早期発見できる視力検査器(2008/7/28、MSN産経ニュース)

ミシガン大学のビクター・エルナー教授(眼科学)とハワード・ペティ教授(生物物理学)がこのほど、糖尿病を早期に発見できる目の検査装置を開発。中途失明の主な原因となっている加齢黄斑変性症も発病の10年前に発見できるという。

この目の検査器を使うことで、糖尿病や加齢黄斑変性が早期発見できれば、早期治療につながりそうですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グへ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。