糖尿病治療に「適度な空腹」必要

糖尿病の治療・予防に「適度な空腹」が必要なそうです。

糖尿病治療に「適度な空腹」必要 東大などマウス実験(2008/7/2、asahi.com)

生活習慣がおもな原因とされる2型糖尿病を治すには、適度な空腹が必要であることが、発症にかかわるたんぱく質の働きの解明から裏付けられた。

東京大学などの研究チームによるマウスの実験で、このたんぱく質は空腹が続くと増え、血糖値を下げるインスリンの働きを仲介していることをつかんだ。

インスリンの働きに関わるタンパク質であるIRS2は、インスリン(肝臓が体内の脂肪などを分解して糖をつくるのを抑える)の働きを促し、空腹が続くほど増え、食後にほとんどなくなることがわかったそうです。

インスリンは、肝臓が食後に糖から脂肪をつくってためこむのを助ける働きもあり、これにはIRS1という別のたんぱく質がかかわっていたことがわかったそうです。

IRS1の量はほぼ一定なので、食べ続けることで肝臓には脂肪がためこまれます。

2型糖尿病患者に高血糖と脂肪肝が同時に起こる原因と考えられるようです。

糖尿病の治療・予防に適度な空腹が必要なようですので、できるだけ間食をしないようにしましょう。

にほんブ��グ村 病気ブ��グへ

(人気ブログランキングに参加しています)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。